ライン             トップ アイコン           

DiskTopMusic 

ディスクトップミュージックの履歴 partU
・2000年8月3日(土)Computer Musicに約2年ぶりに復帰。
・講師は相変わらず若くて美しい(まだ言うか??)、前の時と同じ講師。 これが笑いの王道!?

・基本的なところは解ったので、いよいよScore Book 3でアレンジの妙味を身につける?!

 Computer Music Cource Score Book 3
(Arranged "Green Sleeves" to;)

Bossa Nova
(英会話のNOVAじゃないよ)
2000年 8月〜9月
Rock 2000年10月
Club Jazz 2001年 3月
Techno (Drum'n Bass) 2001年 5月
Jazz
(New Standard Style)
2001年 5月
Salsa 2001年 6月〜8月
Strings Orchestra 2001年 8月〜10月
Ballad 2001年10月

My Favorite Song (Special Lesson)

Time goes by 2001年 4月
・EVERY LITTLE THINGの曲。木梨憲武主演の中年の男の離婚の話?だったかな。奥さんの妹の役どころの女優の耳がチンパン君の耳で印象に残ってる。
・ドラマのいいところで綺麗に流れる。印象深い曲。
・GoGoGuitarの『独りで奏でる魅惑のソロギター』に紹介されていたギターの曲をマウスで打ち込んだ力作。
・ギターを必死に練習して、何とか弾けるようになる。1年ぐらいかかった。でも長くその曲を弾いてなかったので今はまた練習しないと思い出せない。
巡恋歌 2001年 5月
・ご存知長渕剛の歌。GoGoGuitarの楽譜からTAB譜でマウス入力をした。
I for you 2001年 5月
・同じくTAB譜でマウス入力。ギターアレンジャー使用。アレンジはオートアレンジでジャズのドラムを使ってみた。
夏休みの後の君 2001年 7月
・初めて作曲を試みた作品。
・ギターのマイナーペンタトニックスケールの音を拾いイメージを弾いてつくった作品。
・メロディーをギターシンセリアルタイム入力で実施。
 エレアコ:Applause by Ovation AE12
 GUITAR MIDI INTERFACE:Roland GI-10
 MIDI PICKUP:Roland GK-2A
・シーケンスソフトYAMAHA XGworksVer4.0のオートアレンジ機能を使ってアレンジ、その後修正を加え完成。
・講師の方にだいぶ助けていただき有り難うございます。
・心にあるノスタルジックな少年の想い出が蘇る曲。
・従妹曰く、サビの無い曲。
・曲はとりあえず出来たが、作詞ができないので誰かつくってくれないかと一部の人に頼んだが、願いは叶わず、後に仕方なく自分で作詞することになる思いでの一曲。SongWriterのページで歌詞と曲を紹介しているから是非聴いてみてください。そのうち歌を入れようと思っている。
さよならDarlin' 2001年10月〜
         2002年5月
・従妹に誘われて京都のライブハウスMUSE HALLに伊達倶楽部のコンサートを見に行った。中学生と一緒に見に行って、その後メンバーと食事をした。CDにメンバー全員のサインをもらう。
・この曲は従妹のお気に入りだったので何とか耳コピして作成した。でも非常に聞き取りにくく難しい。間奏など雰囲気だけになってしまって正確ではない。
・エレキの音は歪んでとりにくい。それから楽器の音が大きくてよけい音をとるのが苦しい。
受験生ブルース 2002年 6月〜9月
・ギターでリアルタイム入力を試みる。最初の一音一音のベースランニングのような音もギターで曲を思い出して、雰囲気だけで演奏した。従って本当はどうなのかわからない。
・オートアレンジを使ってリズムを入れた。後は修正で音やリズムがおかしくないようにした。
チューリップのアップリケ 2002年 6月〜7月
・最近キーボードでメロディーを音を拾うことができるようになってきた。
・キーボードで数小節ずつリアルタイム入力。
・メロディーを入れてから、合いの手をギターで入れてみた。後から音色をヴィブラフォンなどに変えてみた。ちょっと気に入ってます。合いの手ってもっとかっこよく言うのにはどういうたらいいの?教えて〜ここをクリックしてe-mailください。
タイガーマスクEnding Theme 2002年 8月〜9月
・アニメのタイガーマスクの最後に流れる歌がもの悲しく好きであった。キーボードで弾いていたら、メロディーの音が拾えた。
・さらにもの悲しくするために音色はハーモニカにした。寂しー!
・タイガーマスクは最後は交通事故で人知れず死んだらしい。
神田川 2002年 9月〜10月12日
・かぐや姫のヒット曲。TAB譜を入力。メロディーはキーボードで数小節毎にリアルタイム入力。楽譜は「坂崎幸之助直伝ギター教室(GoGoGuitar別冊)p112」を参照した。
・バイオリンのイントロ・間奏・エンディングが美しい。
・リズム、ベースをオートアレンジで入れてみようかと思ったが、シンプルな方がこの曲に合っていそうなので止めた。
・この曲のギターはそこそこ弾けるようになった。通常のアルペジオとは違って、1弦をあまり使わない指使いである。今まで初めての経験で曲の雰囲気が少し違う。こんな手もあるのだと、新たな発見。
タイガーマスクOpenning Theme 2002年 9月
・エンディングテーマが出来れば、オープニングもつくらないとと思ってリアルタイム入力した作品。
・メロディーはキーボードでリアルタイム入力。伴奏はオートアレンジャーでイメージにあう音楽を選んで、伴奏のコードや音色やベースがおかしければ修正するという方法が見えてきた。
太陽は沈まない
(the ALFEE)
2002年 9月22日〜10月26日
・ショムニファイナルのエンディングテーマ。僕の好きなThe ALFEEの曲。テレビで聞いただけだが、メロディーが弾けたのでキーボードリアルタイム入力を実施。
・坂崎幸之助が好き。サングラスのおっちゃんの高音も好きであるが、『星空のディスタンス』『メリーアン』の声なんか良いですね。
・私の耳は『移動ド』のようです。どうも自分の歌いやすいキーに直した音階になるようです。従って、オリジナルキーにするために全部キーが合うように音符を丸ごと移して、それからオリジナルのコードの通りコードを入力しました。
・アレンジはXG-worksのアレンジ『Rock/Rock3(134)』を使いました。このアレンジは雰囲気に合ってますか?
金木犀 2002年10月19日〜
・10月になって僕の好きなほのかな甘い香りの金木犀の季節になった。
・この香りは通り過ぎてほのかに香る甘い匂いで、しつこくなく上品な香りである。
・たまに上品な女性とすれ違った後に、何気なく香る香水のいい匂いがするが、そんなイメージがする金木犀の香り。
・最初は『キンモクセイ』としていたが、『金木犀』の漢字が合っていると思い、変更した。
・何気なくキーボードで弾いたメロディーを4小節単位に区切って構成を考えながら、作成している途中。
・構成は以前に買った『お気楽パソコンで作曲家になれる』という本を参考にした。
・タイを多用しすぎているという指摘を受け現在手直し中。
良いイントロフレーズ 2002年11月9日〜
・ギターを弾いていたらイントロにいい気に入ったフレーズが見つかった。そのうち何かの曲のイントロに使えそう。どうかなぁ。美しいメロディでしょ。(これからなのでまだアップロードしてないヨ)
  2003年2月22日
・光るギターでカラオケ代わりにみんなで歌を歌うという話が持ち上がった。一人が沖縄の蛇皮線を習っていた。一人は前にバンドでベースをやっていた。歌は誰かに歌わせればいいということで・・・。ドラムや伴奏は光るギターにデータをパソコンで作成したものを転送すればいいのだ。ギター自身にスピーカーがあるというのはいいものである。
・メロディーはキーボードでリアルタイム入力して、クォンタイズなどをかけて修正した。アルペジオのギターは光るギターを弾いてリアルタイム入力である。
 あなたの人生 2003年3月8日〜3月15日
・結構、歳になってきた母親のことを思い、つくった曲である。イメージは井上陽水の『人生が2度あれば』。
・コードなどはちょっと似てるかもしれない。部分的には詞が浮かぶが、その後進んでいない。中途半端に終わっている。やっぱり作詞は難しい。といって、作曲が簡単というわけでもなく。。。
 高校3年生 2003年3月15日〜4月5日
・4月11日に定年退職される感謝会をすることになった。ハーモニカが得意ということで、それの伴奏をつくることになる。
・時間がない。とりあえず、キーボードで音は拾えたが、、、。どうもコードがよくわからない。JEUGIA三条で歌本を探して、見つけるが。。。うううっ!!高い。高校3年生の楽譜だけが欲しいのにあまりにも高すぎる。\6,000
・インターネットで探しても見つからない。古すぎるのね。インターネットカラオケ(私はSingるを愛用している。一度ダウンロードすれば何回でも使えるから。)でも高校3年生は無い。もうみんな知らないのだろうか?
・大阪の紀伊国屋で本の楽譜に書いてあるコードを写し取った。前奏や間奏のコードも記載されていたので助かった。
・ギターの伴奏は光るギターのアルペジオ奏法でリアルタイム入力をした。ドラムはこれにふさわしいものを入れた後、不要な音を削除した。生ギターとドラム、定年退職者の方のハーモニカ生演奏という形である。
・感謝会は見事に大盛況の盛り上がりをみせたことはいうまでもない。
 くそくらえ節(岡林信康) 2003年4月19日〜
・フォークの神様 岡林信康の曲『くそくらえ節』。岡林信康のカセットテープを何故か持っている。LPレコードを持っていたのか、借りたのか。ミス花子の実況録音盤(ライブ)が片面に録音されている。岡林信康のフォークは好きだった。何故か僕の音楽ノートにコードと歌詞が書かれている。
・昔はキーボードで音を拾うことなんて、とても無理だった。でも
今は何故かできるようになった。だからキーボードでリアルタイム入力をした。コードはもうわかっている。
・今回はドラムもキーボードでリアルタイム入力をしてみることにした。キックドラムとハイハット?を別々にリアルタイム入力した。今までは全てオートアレンジして、後で修正するという形をとっていたので初めての試みである。
・多重録音ができるというのは便利なものである。それに加えてギターの伴奏は、MIDI入力でなしに、WAVE入力をすることにした。音源がソフト音源なので、コンピュータに負荷がかかりすぎてXGworksでは完璧にMIDIの音とWAVEファイルの音がずれてしまう。これがソフト音源の限界である。もっとCPUの処理能力があがればいいのだろうが。。。
・U8-studioで実施する事にした。メトロノームをONにして、キーボードでリアルタイム入力したメロディーをならし、それを聴きながらギターの音をWAVEファイルでかぶせていく。時々処理能力がついていけずにブチっという雑音が入ったりするが、まぁ何とかできます。やっぱ将来的にはハード音源が要りますか・・・。
でも金なし。
・5月10日:『ギターをもうちょっと練習してから録音してください。』などともろに言われた。ちょっとショック。落ち込み気味。
  

ライン